ナースプラクティショナー(NP)って?

海外ではすでにナースプラクティショナーが活躍している国もあります。
ナースプラクティショナーは医師に代わり患者の症状によって異なりますが軽度の症状だと見受けられる場合には、医師に代わり初期的な診療を行う事ができたり看護師に指示ができる人材を指しています。
医師の負担が軽減できるというメリットがあり、医師不足が騒がれている中、このような人材が活躍すれば医業も円滑に進むというわけです。
実は、ナースプラクティショナーはアメリカの看護資格の一つで、薬の処方なども行う事ができると言います。
上記に、日本ではあまり聞き慣れないと説明をしましたが、実は日本国内にある看護大学の大学院では養成教育が行われているという事実があります。
既に海外では定着しつつあるナースプラクティショナーですが、日本ではまだ山積みの問題点があるのが現状です。
看護師転職サイトは比較して選ぶ