助産師の仕事とは?

助産師は、女性の妊娠や出産を専門として、出産時にはその場に立ち会って出産のサポートをするお仕事。
助産師は元々「助産婦」「産婆」などと呼ばれる事もありましたが、2002年に保健師助産師看護師法が改正されてから現在では「助産師」という呼び方になっています。
そのため、助産師は全員、看護師の資格も持っている事になります。
最近では、看護大学の中に選択性で助産師の資格も取得するコースが設置されていて、看護師のための国家試験に合格したら自動的に助産師の国家試験を受ける資格をゲットできるように工夫されている大学もあったりするようです。
助産師は産婦人科の中では産科を担当していて、自然分娩なら医師が不在でも出産に立ちあって助産行為を行う事ができます。
出産時には助産師の下に看護師がアシスタントとしてつくので、看護師に指示を出すのも助産師の仕事となります。
その場合には産科担当の医師が助産師から引き継いで出産を担当する事になります。
しかし、分娩の途中で自然分娩が困難だと判断した場合には、それ以上の医療行為は助産師ではできないので、受け入れ可能な総合病院へ連絡を取ったりする処置を行なうのも助産師の仕事になります。
看護師のキャリアアップとしても知られている助産師のお仕事。
看護師転職しにくい?求人状況口コミ中!【売り手市場って本当?】