規制緩和を消費者金融に適用すると生まれる悲劇とは?

消費者金融の規制緩和が話題になっており、遅かれ早かれ現実のものになりそうです。
総量規制を撤廃し、上限金利も上げるという規制緩和は、政府の「規制撤廃」という目標にマッチしそうです。
しかし、世の中には撤廃していい規制としていけない規制があります。
消費者金融の規制は撤廃していけない類の規制であり、撤廃することで新しい社会問題が生じる可能性があります。
規制緩和の歯止めとして、緩和をする消費者金融を選別するとともに、その期間も2年間として審査後に継続させるということになっています。
しかし、そのような制限を設けたところで、借りた人がその後に借りすぎて悲劇的な事態になっても消費者金融には責任はなく、自己破産者の増加を横目で見ているだけということになります。
資金総量規制銀行